お尻 ニキビ

お尻のニキビはなぜ治りにくい?

お尻ニキビが治りにくいのは、お尻が他の部位とは違った特殊な環境にあるからではないでしょうか?

お尻のニキビが治りにくいのには原因がある?

ニキビはおでこや頬、顎、鼻などの顔の部分にできるのが最も多いですが、背中やデコルテ、頭皮、お尻などにもよくできます。中でもなかなか治りにくいのはお尻ニキビです。それはなぜでしょう?

 

お尻ニキビが治りにくいのは、お尻が他の部位とは違った特殊な環境にあるからではないでしょうか。女性であれば下着にガードル、ピッタリとしたパンツスタイルだったりすると、お尻は非常に蒸れやすいですよね。夏場はなおさらです。蒸れることも含め、不衛生になってしまいがちなのもお尻ならではです。

 

座るとお尻が圧迫され、血流が滞るのもよくありません。老廃物が溜まりやすくなったり、ターンオーバーがうまくいかなくなったりしてしまいます。かといって、生活している中で座らないというのも非常に難しいですよね。

 

お尻ニキビだけが特別で他のニキビと性質が違うというような問題ではなく、お尻という部位にできるのが問題なのです。つまり、お尻は常にストレスを受ける環境にあり、それが原因でなかなかニキビが治らないと考えられます。

 

しかし、いくらお尻ニキビが治りにくいといっても、治らないわけではありません。少しでも早く治るように丁寧にケアしていきたいものですね。

 

お尻ニキビを治す方法はコチラの記事です。

>>お尻ニキビの治し方も基本的には他のニキビと同じなの??

 

●おすすめサイト
無添加化粧品の知識とコラム


 
Copyright (C) 2010 お尻のニキビはなぜ治りにくい? All Rights Reserved.