お尻ニキビの対策

座ると痛いお尻ニキビの対策

座ると痛いお尻ニキビ、何か対策はないのでしょうか?

座ると痛いお尻ニキビの対策

ニキビは顔だけでなく身体のいろいろな部位にできますが、中でも生活をしている上で避けられない痛みを伴うのがお尻ニキビです。やはり生活をしていると座らないことはないですし、座れば圧迫されて絶対に痛みを感じるという、非常に厄介なニキビですよね。そんな座ると痛いお尻ニキビ、何か対策はないのでしょうか?

 

お尻は蒸れやすかったり、汚れがつきやすかったりと、何かと不衛生になりがちな場所です。下着などに触れることによる刺激もあります。さらには座っていると圧迫され、血流が悪くなりやすいです。お尻は本当に過酷な環境にあることがわかります。

 

そんなお尻が受けるストレスを少しでも減らしてあげることで、ニキビができるのを防ぐことができます。具体的には、汗ばむ季節はこまめにシャワーを浴びるなどして清潔な状態を保ったり、通気性のよい素材の下着にしたり、長時間座った後はマッサージをしたりするとよいでしょう。

 

もしお尻ニキビができてしまっても、お尻をゴシゴシ洗ってはいけません。刺激によってかえって悪化してしまいます。刺激の少ない固形石けんを使って優しく洗ってください。座るときは柔らかいクッションなどを上手に利用して、痛みを和らげましょう。


 
Copyright (C) 2010 お尻のニキビはなぜ治りにくい? All Rights Reserved.